女性

【切らない痩身治療】注射タイプの脂肪吸引施術の特徴をリサーチ

  1. ホーム
  2. 脂肪をなくすダイエット法

脂肪をなくすダイエット法

カウンセリング

吸引の種類

脂肪吸引は無駄な脂肪をなくしてサイズダウンを図ることができる、人気の美容整形の一つです。代表的な脂肪吸引が、メスで切開してカニューレを挿入し、いらない脂肪を吸い出す方法です。この方法の場合、なくしたい脂肪をそのまま吸い出すことができて、大幅なサイズダウンができます。一回の手術でしっかり確実に脂肪を取ることができるのは、手術による脂肪吸引の魅力であり特徴です。背中のお肉やお尻のお肉など、ダイエットでは取りにくいエリアだけ絞って吸い出して、自由自在にボディメイキングができます。さらに吸引して取り除いた脂肪は、バストアップの美容整形に再利用することが可能です。いらない脂肪を取って痩せたうえにさらに豊胸もできるので一石二鳥です。外科的な手術ではなく、切らないで脂肪をなくす脂肪吸引もあります。「脂肪溶解注射」は最近人気が高まっている、切らないダイエット法です。脂肪細胞を溶かす働きがある薬剤を注射器で脂肪層に注入し、脂肪を尿と一緒に排出するメカニズムです。手術で脂肪を取る場合はリスクやダウンタイムがありますが、脂肪溶解注射の場合は手術ではないので気軽にできます。注射針のあとも一日もすれば自然に消えて、あとはいらない脂肪が体外に排出されるのを待つのみです。脂肪細胞が排出されれば、自然にスリムになっていき、リバウンドもしなくなります。レーザーなどの光線が出るマシンを利用して、脂肪を引き締めるダイエット法もあります。サーマクールはアンチエイジングに効果的なマシンですが、ダイエットにも効果的です。サーマクールには脂肪細胞を引き締める働きがあります。フェイスラインのたるみに効果があることから、表皮をまったく傷つけないで小顔になりたい人にお勧めです。ただし、数か月で引き締め効果がなくなるので、なくなるタイミングを見計らって何回か繰り返す必要があります。キャビテーションは切らない脂肪吸引として痩身エステでも有名なダイエット法です。キャビテーションマシンをサイズダウンしたいエリアにあてると、脂肪細胞が溶解されて痩せやすい体質になります。キャビテーションをしたあとにリンパマッサージをして老廃物をデトックスをするとさらに効果的です。一回でも効果がありますが、大幅にサイズダウンしたい場合は2週間おきに5回以上キャビテーションをするのがおすすめです。セルフダイエットをしながらキャビテーションを併用することで健康的に美しく痩せることができます。