低資金でハウスクリーニングを開業するコツ

女の人

海外進出で成功する

ビル

開業の手順を知りましょう

香港は、国際的にも金融の中心地として数多くの投資家が集まるなどビジネスとして発展を遂げている都市のひとつです。法律制度がしっかりと整っており、低い税率やレベルの高い専門家を多数有していることから、香港は様々なビジネス機会があります。香港で起業するメリットは、外貨の制限がないので資金の出し入れが自由です。また、税制がわかりやすく、税率が低いことも利点となります。また、法人としては年に一回法人税の申請もにですので、自由なビジネスの展開が可能になります。香港の知名度を生かした信用度の確立もできますので、アジア地域で会社設立をしたい方は香港が最適です。香港で会社設立をしたい方は、設立の条件やメリットを良く知り、準備をすることでスムーズに会社を経営することができます。設立の条件として、株主は18歳以上と決められており、株主と取締役、法定秘書を最低1名以上置く必要があります。会社を置く香港登録住所も必要です。会社設立には、電子版による設立ですと、約1日で設立することができます。新しい会社設立ですと、約10かほど日数が必要ですが、必要書類もそれほど多くないため簡単に手続きできます。必要書類は、中国語および英語の会社名、株主と取締役の身分証明書もしくはパスポートコピー、香港の登録住所となります。英語や中国語での申請に不安がある方でも、日本語サポートがある会社設立支援会社が多くありますので容易に申請することができます。